(0)
2019年 11月 19日 (火)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年6月18日

東北学院大学学長の星宮望さん・インタビュー記事を公開しました

カテゴリ:お知らせ

「宮城の新聞」では、「科学って、そもそもなんだろう?」をテーマに、
【科学】に関する様々な人々をインタビューする特集を行っています。

科学者の人となりをそのまま伝えることで、
「科学とは、そもそも何か」をまるごとお伝えします。

article_20090610-top.jpg

星宮望さん(東北学院大学学長、学校法人東北学院院長)のインタビュー記事
本日、公開しました。

下記が、紹介文となります。

脊髄損傷で手足の自由を失った患者に対し、手足の筋肉に直接、電気刺激を与えることで
失われた機能を回復させる「機能的電気刺激(Functional Electrical Stimulation FES)」。
このFES分野研究における、世界三大ルーツのひとつが、ここ仙台である。

現在、東北学院大学学長・東北学院院長の星宮望さんは、
FES研究に関する日本の第一人者だ。

しかし発表当時、独創的な本研究は「学会で馬鹿にされ」、
「約10年間、研究費がもらえない状況」だった。

それでも、オリジナルを貫いた星宮さんの原点とは何だったのか。

星宮さんがこれまで生きてきた軌跡から、
星宮さんという「人」から見える「科学とは、そもそも何か」を探る。

詳しくは、記事をご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 東北学院大学学長の星宮望さん・インタビュー記事を公開しました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/7446





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々