(0)
2018年 10月 21日 ()
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年5月 9日

仙台一高・仙台二高 硬式野球定期戦を取材しました

カテゴリ:取材日記

「宮城の新聞」では、「教育って、そもそもなんだろう?」をテーマに、
数字からは見えないその高校「らしさ」を探る特集をしています。

その取材対象のひとつに、仙台二高もありますが、前任の庄子教頭への事前取材で、
「真の二高生になるための三つの行事」があると聞きました。

そこで本日は、「杜の都の早慶戦」とも称される、
仙台一高・仙台二高 硬式野球定期戦を取材してきました。

090509_01.jpg

仙台一高・仙台二高 硬式野球定期戦は、今年で64回目。
本家の早慶戦より歴史が古いそうです。

08年までの優勝回数は、仙台一高27回・仙台二高27回(両校優勝が9回)。
クリネックススタジアム宮城(Kスタ宮城)には、生徒だけでなく、たくさんの観客が。

090509_00.jpg

定期戦のはじまりです。

090509_02.jpg

肩を組んで応援する仙台二高の生徒たち。

090509_03.jpg

「定期戦は、一高というライバルと対戦しながら、二高としての団結力を強める学校行事」
と話すのは、仙台二高の庄司校長。

090509_05.jpg

一方、こちらは、仙台一高の応援団の皆さんです。

090509_06.jpg

どちらの高校も、応援団が中心となり、精一杯応援する姿が印象的でした。

090509_07.jpg

試合は、4-3で仙台二高が接戦を制しました。

090509_08.jpg

勝利の瞬間(仙台二高の応援団の皆さん)。

090509_10.jpg

「一高というライバルがいて、切磋琢磨を重ねてきたからこそ、今がある」
(仙台二高・庄司校長)ことが、よく伝わってくる試合でした。

詳しくは、仙台二高・庄司校長へのインタビューにて、ご報告します。
庄司校長へのインタビューは、6月中旬を予定しています。

カテゴリ: 取材日記   (タグ: ,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 仙台一高・仙台二高 硬式野球定期戦を取材しました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/7161

▲このページのトップ記者ブログ(大草 芳江) トップ





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々