(0)
2019年 07月 23日 ()
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2009年5月 7日

東北大学大学院工学研究科の陳強准教授をお伺いしました

カテゴリ:お知らせ取材日記

東北大学大学院工学研究科など電気・情報系の先生達が中心となって、
中学生対象に開催する毎年恒例の夏休み無料科学教室
「たのしいサイエンス・サマースクール」が、今年も開催されるそうです。

5.jpg

東北大学大学院工学研究科の陳強准教授からご案内いただき、
本日は、「たのしいサイエンス・サマースクール」について、お話を伺ってきました。

「たのしいサイエンス・サマースクール」は、今年で16回目を迎える活動で、
東北大、東北学院大、宮教大、宮城高専などの教員ボランティアにより開催されます。
2005年には、文部科学大臣より理解増進部門で科学技術賞を受賞したそうです。

「光とエレクトロニクス」に関する下記実験テーマ毎に、
グループにわかれ、3日間かけてそれぞれ実験を行うそうです。

1.光で制御しよう (光の信号でロボットを制御する実験)
2.光で空中に絵を描こう (光の点滅と混合を利用する実験)
3.目をもつロボットを作ろう(光センサを用いたライントレーサの実験)
4.電波の発信源を探そう (アンテナを使った電波の実験)
5.光でヘリを飛ばそう (太陽光発電を用いたソーラーヘリコプターの実験)
6.振って発電 (磁石と巻き線による発電実験)

参加費は無料。昼食、懇親会も無料とのこと。
至れり尽くせりの科学教室ですね。

4.jpg

「『たのしいサイエンス・サマースクール』は、理科離れに対する我々の取組み。
実験を通して科学の『たのしさ』を実感してもらいたい」と、陳さんは話していました。

詳しくは、下記の通りです。
詳細・申込は、「たのしいサイエンス・サマースクール」ホームページをご覧下さい。

開催期間: 2009 年8 月3 日(月)~8 月5 日(水)
開催場所: 仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-04
       東北大学創造工学センター「発明工房」
       仙台市営バス「工学部中央」バス停前(仙台駅から約20 分・220 円)
       アクセス情報をご参照下さい.
募集対象: 意欲のある中学生.ただし上記会場に3 日間通えること.
募集人数: 約40 名
参加費用: 無料(昼食,懇親会も含みます)
申込締切: 2009 年6 月12 日
申込方法: 別紙参加申込書に必要事項を記入し,下記宛ご郵送ください.
       〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-05
       東北大学工学部情報知能システム総合学科
       鈴木 信(たのしい科学企画委員会副幹事)
電   話: 022-795-7119
ファックス:022-263-9445
E- メール:suzuki@ecei.tohoku.ac.jp

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 東北大学大学院工学研究科の陳強准教授をお伺いしました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/7117






記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々