(0)
2022年 08月 13日 (土)
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2008年10月 7日

今日は旧暦9月9日「重陽の節句」

カテゴリ:時事ネタ

今日は旧暦の9月9日、五節句の一つ「重陽(ちゅうよう)の節句」にあたるそうです。

hana-3.jpg

「菊の節供」とも呼ばれるそう。

3月3日、5月5日、7月7日と、節句は月と日が重なっているのが特徴ですが、
これは、同じ数字の重なる月日を特別な日だと考える、
古代中国の「重日思想」から定着したものなのだとか。

また、数字が奇数なのも気になりますが、
これは、奇数は陽の数、偶数は陰の数、という中国伝来の陰陽説に由来しているようです。

そして、一桁の奇数としては一番大きな数である「9」は、
「陽の極まった数」として陽数を代表する数と考えられていたため、
「陽の極まった数の重日」ということで「重陽」となったそうです。

hana-5.jpg

「重陽の節句」には、「きせ綿」という行事もありました。
前日、菊の花に綿を被せて一晩置き、朝になってから、
夜露に濡れて香りを含んだ綿で体や顔をふくと、若返ると信じられていたのだとか。

kiku.jpg

最近、冷たくなった風や、金木犀の香りに秋を感じるものの、
行事から季節を感じる機会は、めっきりと少なくなったような気がします。

今週の土曜日(10月11日)は、「後の月見(旧暦9月13日)」なので、
天気がよければ、お月見なんていうのも、良いかもしれません。

kasa.jpg

ちなみに今日の写真は、昔、京都で撮影した写真でした。

カテゴリ: 時事ネタ  

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 今日は旧暦9月9日「重陽の節句」

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/3405





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々