(0)
2019年 07月 19日 ()
記者ブログ
記者・大草芳江が活動をつづります

2008年5月10日

明日の「第11回体験型自然科学の教室」開催へ向けて

カテゴリ:弊社取組み

明日はnatural scienceの取組みで、
「身近な自然を科学で感じよう」をテーマに、台原森林公園に於いて、
幼児~小学生の親子対象に、「第11回体験型自然科学の教室」を開催します。

明日の教室開催に向け、只今準備中です。

080510.jpg

人間はどれだけ二酸化炭素を出して、
緑はどれだけ二酸化炭素を吸収しているのか、
実際に計測するエコツアーや、

主翼の位置と重心の位置、発射角度、風向きに対する発射の方向などの
制御パラメーターをコントロールして、
どれだけ遠くにヒコウキをとばすことができるかを競う工作教室、
(上級コースでは、翼の形なども自分でコントロールします)

また、科学者が自然に対して感じた疑問を
自然の中で実験していく「かがくしゃの挑戦状」などなど

実験盛沢山の教室です。

二酸化炭素測定組みは、朝7時から、測定を開始。
あとは、お天気になることを祈るばかりです。

カテゴリ: 弊社取組み   (タグ: ,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 明日の「第11回体験型自然科学の教室」開催へ向けて

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://field-and-network.jp/mtos/mt-tb.cgi/248





記者ブログ



カテゴリ


取材先一覧

■ 幼・小・中学校

■ 高校

■ 大学

■ 国・独立行政法人

■ 自治体

■ 一般企業・団体


宮城の新聞
仙台一高
宮城の塾
全県一学区制導入宮城県内公立高校合同説明会をレポ
宮城の人々